A freewheeling life

アクセスカウンタ

zoom RSS 何とも言えない。。。

<<   作成日時 : 2006/08/27 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

近くで、犬・猫の販売会をやっている。
繁殖者から直で仕入れているから、一般のペットショップより
純血種のいい犬・猫が割安です。と謳っていた。
今流行のハーフ犬も数万円で売られていた。

会場は親子連れや、老夫婦など様々な人々が訪れ、子犬・子猫を
見た途端、満面の笑顔になる。確かに動物の赤ちゃんは可愛い・・・

縦長のダンボール箱に上部だけプラスチックの蓋になっている物が
会場に数十個並んでいる。一箱に2匹入っている箱もある。
それを人々が上から覘いて、「可愛い!」「目が合った!」と言っている。
「見ていられない・・・」と帰って行く人もいる。
子犬達は『キャンキャン』鳴いて、箱の中を覘いてくる視線に訴える。
あの視線は何を訴えているのだろう・・・
抱っこする人もいれば、抱っこしたら欲しくなるから・・・と見つめるだけの
人もいる。子供にタップリ触らせ、「じゅあ、帰ろう」と帰ってゆく家族もいる。
そしてしばらくして、疲れた子犬・子猫達は静かに眠る。。。
なのにその箱を叩く子供達。寝ているのに・・・見ていて胸が痛い。

そばのサークルには未成犬コーナーがあった。
その中で、条件付というワンコがいる。何かと思って聞いてみると・・・
「小さい頃、箱入れで販売していた時に、気管支を痛めてしまって、
 しばらく治療をしていた。今はだいぶ良くなってきている。
 それと、皮膚に疾患があって、普段の生活には問題は無いが、
 抵抗力が弱まっているワンコが家にいる場合は、移る可能性が
 無いとは言えない良くシャンプーすれば、問題ない」との事。

それでも1万円で売ってしまうのか。。。

迎える方法や、売る方法について意見する気は無い。
この子達が良いご主人に迎えられて、健やかに暮らして欲しい。
家族の一員として十数年楽しく暮らして欲しい。
ただただそれを願う。。。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ショコラはショップから迎えたコです。
ショコラを迎えてから、その背景を、少しですが知りました。
不幸になるコがいないように。
そう祈らずにはおれないけれど・・・

本当に、願うのはそれだけなんですが・・・


・・・・むずかしいですね(ノー;)

akemi
2006/08/27 23:20
難しいですね…考えちゃいますね。
>ショコラはショップから迎えたコです。
誤解させる様な書き方だったらごめんなさい。
変な意味で書いたのではないのです。
ペットショップでも、良心的になさっている
所も多いですし、ブリーダーさんがすべて。
だとは言えないですし…私は素人なので、色々
意見できる立場ではないのは分かっています。
この世に産まれて来たのだから、みんな幸せに
なる権利がある。だから、幸せになって欲しい…
ただそう願ってやまないのです。
えっちん
2006/08/28 00:15
私もえっちんさんと同じく、
>「この世に産まれて来たのだから、みんな
幸せになる権利がある。だから、幸せになっ
て欲しい…」。
のんちゃん
2006/08/28 00:44
えっちんさん、誤解なんてしてないですよ(^^)
我が家では結構、衝動的にショコラを家に迎えて、それからワンコたち(とりわけダックスなどの人気犬種)をとりまく環境(状況)ってのを少しですが、学びました。
ブリーダーさんだっていろいろだし、ショップだっていろいろですよね。
繁殖についてもそうですが、ニンゲンの身勝手で不幸になる動物がいなくなることを祈ってやみません。
ショコラと出会えたのは、この上ないhappyだと思っています。
akemi
2006/08/28 00:58
のんちゃんさん。
本当にそうですよね。。。
あの場にいた子達がみんな
どうか幸せになりますように。。。

akemiさま。
どうもどうも!良かった〜

私もちょっとずつ勉強しています。
>繁殖についてもそうですが、ニンゲンの
 身勝手で不幸になる動物がいなくなること
 を祈ってやみません。
そうですね。繁殖するならそれなりの覚悟を
持たなきゃいけないし、不幸な動物達が居ない
ようにしなくてはいけませんね。。。

えっちん
2006/08/28 22:46
今日はなんだかこういう記事ばかりですね。私のブログもそうだしマムのところの掲示板にも。
世の中も日経のコラム「子猫殺し」を書いた作家の糾弾で騒いでいるし。
自分が飼いはじめてより強く思うようになった。せっかく縁があって手元にきたのだから大事に育てたい。愛しくてたまらない。
どうしてこういう気持ちにならないのか、不思議で仕方ない。くやしくって涙がでます。
waon
2006/08/29 00:21
 なんだか背筋が凍る思いがしました。いったいどんな環境でこの子達は普段暮らしているのかしら・・どこからきたのかしら・・・。心が痛みます。命が需要と供給のバランスの上で売り買いされている感が、ものすごくストレートにでていますね。生まれてきた子たちは罪がありませんもの・・どうか生ませて、それを生業にされる人たちに、良心と節度を求めたいですね。
Daisy
2006/08/29 13:25
waonさま。
本当ですね!何でこういう事があるんでしょう?
しかし、「子猫殺し」の作家さんの事は凄い事
になってますね。。。
>せっかく縁があって手元にきたのだから大事に育てたい。愛しくてたまらない。
愛しむ気持ちが誰にもあるはずなのに…
本当に不思議でなりませんね。

Daisyさま。
来た時は、スーパーの籠よりもっと
小さな、飛行機用の積荷用のケースに
入れられて、横浜から来たそうです。
生後9ヶ月の黒ラブ(細くて小さめ)も
それに入ってきたんですって。
それを聞いて、もう命としてではなく、
完全に「品物」の扱いとしか思ってない
事に、やるせないと言うか、何と言うか…
ものすごく切ない気持ちになりました。
>どうか生ませて、それを生業にされる
人たちに、良心と節度を求めたいですね。
本当ですね。生業にされてる方々に良心と
節度をもって、命を扱って頂きたいですね。
えっちん
2006/08/29 20:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
何とも言えない。。。 A freewheeling life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる